鳩の糞はバイキンだらけ|業者に任せて安心の鳩駆除

作業員

ニュース一覧

粘着シートタイプの罠

蜂

ねずみ駆除によく使われているのが、粘着シートタイプの罠です。死骸の処理をせずに済みますし、屋根がついているタイプのものだと、ねずみ自体を見ずに駆除できるのです。ラットサインのついている場所に設置しておくと、駆除しやすくなります。煙でいぶり出すことも、効果的です。

もっと詳しく

害が広がる前に行動を

ハト

危険な作業はプロに任せる

街の中でよく見かける鳩は、カワラバトと呼ばれている種類です。見るだけなら愛くるしいといえますが、フンの害で困っている人もたくさんいます。鳩を追い払う対策として利用されているのが、忌避剤・トゲ付きの足場避け・防鳥ネットなどで、手軽に利用できる点でも人気があります。そういった対策商品も種類が増えて使いやすくなり、忌避剤については、スプレーやジェルと固形タイプの選択が可能です。さらに確実な方法として人気なのが、鳩の駆除や対策を専門に取り扱う業者への依頼で、実績も増えてきています。鳩は飛ぶ動物なので、人間や外敵の手の届きにくい、高所を住処として選択する動物です。そのため、高所で防鳥ネットなどを設置する際には、プロの手助けが必要となります。こういった危険な作業を任せられることからも、業者への依頼が人気となっているわけです。

妥協をせず確実に

鳩の駆除に関連する対策商品や方法はさまざまですが、卵・ひな・親鳥と、いずれも鳥獣保護法で守られている点に注意が必要です。つまり、許可のない捕獲や駆除は、法に抵触する行為であることを、十分に理解しておくと良いでしょう。個人の対策には限界があるので、フンが積もってダニなどの害虫が発生するようであれば、早急に業者へ依頼を出します。フンは景観を乱すだけではなく、ニオイ・ウィルス・害虫のように、二次三次と被害が広がっていくのです。もし店舗の敷地であれば確実にイメージが低下するので、可愛いからと餌をあげたり、または餌をあげている人には、うまく注意を呼びかける必要もあります。このように、場所によっては大きな損失にもつながるので、駆除と対策は妥協をせず、確実に取り組むべきなのです。

侵入を防いでから駆除

一軒家

住宅内に入り込むねずみは体長や侵入経路が異なっているので、ねずみ駆除はそれを把握した上でおこなうことが大事です。種類を特定できたら、金網で侵入経路を塞ぎ、その上で罠で捕獲したり、殺鼠剤で弱らせたりします。いずれもホームセンターで購入できます。

もっと詳しく

早めの対策が効果的です

イタチ

クマネズミは警戒心が強く、人に姿を見せないので住人が気がつかない内に家に入り込んでいる事があります。被害が拡大しない内にネズミ駆除の専門業者へ相談した方が無難です。費用はかかりますが、短期間での解決が期待できます。

もっと詳しく